• バイオイニシアチブ(BioInitiative)報告2012:EMF電磁波を記録した大規模独立研究報告。

2012年、バイオイニシアチブワーキンググループが電磁波の生体効果に関する報告を行い、2007年の初版以来1800の新しい研究によって更新され発表された。総研究数は4000近くに登っている。報告書は29名の独立した研究者と専門家からなる国際的なチームが作成した。科学的調査に基づいた報告書の全体的な結論は、ワイヤレステクノロジーの電磁波の適用可能制限値を直ちにより安全なレベルに下げ、現在の最大許容値よりも何千倍も低くするべきとしている。バイオイニシアチブ報告のウェブサイトはここをクリック(英語)。

  • 脳腫瘍がこの20年間で2倍以上—2018年

20年以上にわたり78,241もの悪性脳腫瘍を分析したThe Journal of Public Health and Environmentによる最近の研究によると、多形性膠芽腫の事例は1995年から2015年にかけて140%増加したことが分かった。この研究は、異なる種類の悪性腫瘍の発生率を分析した初のものである。

研究についてはここを参照

  • 致死的腫瘍のリスクが最大400%増加 – 2014年

携帯端末の電磁波は、神経膠腫(グリーマ)と呼ばれる特定の種類の悪性腫瘍に関連している。携帯電話を1日30分以上使用し10年間継続したところ、このタイプの脳腫瘍を発症するリスクが最大400%高くなることが、スウェーデンの研究者Lennart Hardellが率いるオレブロ大学病院(Örebro Universitetsjukhus)の研究チームが行った研究によって明らかになった。研究についてはここを参照

  • がん発症リスクの増加 – 2006年

研究によると、携帯電話を使用する若者は、がんを発症するリスクが520%高かった。成人は270%だった。出典:Electromagnetic Biology and Medicine, Vol. 25, Iss. 4, Dec. 2006, p. 349-360

  • 10年間の継続的な携帯電話の使用は高い神経膠腫リスクにつながる- 2006年

研究によると、10年以上の継続的な携帯電話の使用によって、脳腫瘍の中でも最も致命的な種類である神経膠腫のリスクが高くなることが明らかになった。研究についてはここを参照

  • 発達障害に関連する携帯電話への出生前ばく露 – 2010年

南カリフォルニア大学の研究によると、妊娠中とそれよりも影響は低いが出産後に携帯電話を頻繁に使用した母親の子どもは、より深刻な発達障害を有することが明らかになった。研究についてはここを参照。

  • 欧州環境機関(EUの諮問機関)が、携帯電話の電磁波による健康リスクについて警告 – 2011年

環境機関は、携帯電話電磁波の有害性が研究によって示されているため、電磁波これに関する予防措置を喚起するプレコーション(precautionary)原則の発行を訴えている。2011年に環境機関は、次のように求めた:

-政府や電気通信業界は、例えば携帯電話を頭の近くで持たない等、人々に携帯電話の電磁波被ばくを減らすよう促すべき。

-現在の携帯端末の電磁波の制限値を見直し改訂すべき。

-実効的な説明(英語で「ラベリング」)の導入と、携帯電話を使用することによる健康リスクの可能性に関する警告。

http://www.eea.europa.eu/highlights/

  • 小児は成人よりも携帯電話の電磁波を吸収する – 2006年:

ユタ大学の電気・コンピュータ工学科の研究によると、小児の脳はEMF電磁波を2倍吸収し、頭蓋骨骨髄はEMFを10倍まで吸収する。

https://www.healthandenvironment.org/docs/Gandhi_et_al_Printed_Version_2-14-121.pdf

  • 携帯端末の利用は子どもの認知能力を低下させる – 2011年:

ロシアの研究によれば、携帯電話を使用する子どもは、使用していない子供と比べて、疲れやすく認知機能が低下することが明らかになっている。

http://electromagnetichealth.org/electromagnetic-health-blog/russian-res-children-emf/

英語版はここから:Psychophysiological CHARACTERISTICS OF CHILDREN CELL PHONE USERS.pdf

  • 携帯電話と睡眠障害 – 2011年

研究によって、携帯端末の電磁波が脳波に影響し、睡眠を変化させるという以前の研究が確証された。Http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20857453

  • 携帯電話は睡眠、頭痛、うつ病に影響する – 2007年

携帯電話の電磁波(携帯電話/ GSMから)によって睡眠が減少し、頭痛やうつ病が増加することが研究によって明らかになった。The Effects of 884 MHz GSM Wireless Communication Signals on Self-reported Symptoms and Sleep An Experimental provocation Study.pdf http: //www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-news / …

  • 携帯電話の電磁波がメラトニンレベルを低下させる – 2002年

長時間の携帯電話の使用は、メラトニンレベルの低下につながる:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12456290

電磁波および心律動障害- 2010年

研究によると、コードレス電話機(DECT)とその本体の通信によって心調律が乱れることが明らかになっている。Havas-HRV Ramazzini1.pdf(この報告の279ページ参照)

  • 携帯端末の電磁波は細胞死を増加させる – 2012年

研究では、長時間の携帯電話の電磁波によって細胞死が37%高くなる可能性が明らかになっている。Http: //www.ncbi.nlm.nih .gov / pubmed / 22778799

  • 携帯端末の電磁波と脳波 – 2010年

携帯電話の電磁波(2G / GSM)は13歳から15歳の脳波を変化させることが研究によって示されている。Http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20564174

  • 携帯電話の電磁波と頭痛 – 2007年:

研究によると、携帯電話電磁波のばく露後、頭痛、記憶喪失などの増加傾向が明らかになっている:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/bem.20379/abstract

  • 2004年:アンケート調査によると、携帯電話ユーザーは頭痛や睡眠障害の発生率が高くなることが分かった

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15195201

  • 携帯端末の電磁波とストレス – 2011年:

研究によれば、携帯電話の電磁波はストレスホルモンの生成に強く影響することが明らかになっている。

この研究の詳細はここから:http://www.weepinitiative.org/news/Eskander-et-al-2011.pdf

  • 携帯端末の電磁波とDNA損傷 – 2012年:

携帯電話の電磁波への短期間のばく露で、人間の毛髪DNAは損傷を受ける。Http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22348707?dopt=Abstract#

  • 携帯端末電磁波および男性における精子の質の低下

環境ワーキンググループ(EWG)による学術研究は、携帯電話の電磁波が雄性稔性を損傷させる可能性があると結論づけた。これらの研究は、他の点についても明らかにしている:

  • 後ろポケットやベルトで携帯電話を持ち歩いた男性は、体の他の箇所で電話を携帯した男性よりも精子細胞の活動が11%低かった(Kilgallon 2005)。
  • 5日間のテスト期間中にベルトで携帯電話を携帯し、集中的に使用した男性は、非常に運動性の高い精子が試験前のレベルから19%減少した(Davoudi 2002)。
  • 1日1時間以上携帯電話で話した男性は、1日15分未満の話者よりも運動性の高い精子が17%少なかった(Fejes 2005)。

出典:http://www.ewg.org/cellphoneradiation/sperm_damage、これは精子数および携帯端末電磁波に関する科学的研究のレビューを提供している。

  • 身体の細胞、器官、組織、およびDNAへの負の影響

研究によると、携帯端末の電磁波は身体の細胞、有機体、DNAに干渉し、平衡異常や疾病につながることが明らかになっている。携帯端末電磁波は身体のDNAにもダメージを与え、生物学的障害、疾病、癌を引き起こす。出典:Professor Olle Johanson from Karolinski University, Sweden

  • 電気事業労働者の電磁場ばく露と自殺

研究では、EMF被ばくが最も高い電気事業労働者の自殺死亡率が増加する大きなリスクが明らかになっている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1071010/