電磁波被曝を少なくするコツ

スピーカーモードを使う

可能なら携帯電話のスピーカーモードを利用しましょう。それが無理なら、携帯電話を耳から10センチ程度離して持つようにしましょう。電磁波は逆二乗の法則に従うので、距離が遠くなるほど急激に減衰します。

イヤフォンを使う

Bluetoothのものでも有線のものでも構いません。どんな種類のイヤフォンも、耳の近くに携帯電話を持っているよりは安全です。ただし、イヤフォンも電磁波を発生させるので、一番良いのはRadiArmorイヤフォンのようなエアチューブ式の物を使うことです。

電波状態が悪い場所での通話を避ける

電波の受信強度が弱くなるほど、接続が切れるのを防ごうとして携帯電話が発生させるエネルギーは強くなり、電磁波被曝が増大することになります。

どうしてもスマホをポケットに入れておかなくてはいけない場合は、ズボンの後ろポケットに入れておくようにしましょう。

当社の電磁波防止ケースを使っていたとしても、携帯電話はできるだけ体から離しておくことをお勧めします。それでもやはり、携帯電話を体のすぐ近くに持っていなければならない場合もあります。では、携帯電話を入れておくのに最も安全な場所はどこなのでしょうか。一番良いのはズボンの後ろポケットです。お尻は脂肪と筋肉の分厚い層があるため、重要な臓器から携帯電話をもっとも遠ざけることになるのです。

WiFiルーターは電源タップに接続する

ほとんどの人が、家にWiFiを設置しており、それが強い無線周波数のEMFを放出しています。無線の代わりにLANケーブルの使用を勧める人もいますが、これはあまりにも大変で現実的とは言えません。毎回使うときだけWiFiをオンにし、それ以外はオフにしておくという方法にも同じことが言えます。RadiArmorは、電磁波被曝を抑える現実的な方法の発見に全力で取り組んでいます。では、安くて簡単な方法とは……オン・オフのスイッチがついた電源タップ(どこにでも売られているし1000円程度で手に入ります)にWiFiルーターを接続して使い、寝る前にスイッチをオフにするのです。こうすると、よく眠れて電気代の節約にもなります。