電磁(EMF)放射は、目に見えないエネルギーです。これは今日私たちに及ぼす環境の影響の中でも最も急速に増大しているものの一つです。すべての電子機器は電磁場を生み出しますが、携帯電話から出る電磁場は、それがますます増加していることや、携帯電話の使用法により、科学的にも最も注視されてきました。携帯電話は電子機器として機能し、基地局との間で信号を送受信するために、多数の電磁波を出します。携帯電話は一般的に450~2700メガヘルツの周波数、最高定格(出力)0.1~2ワットで作動します。

特別利益団体は調査結果に異議を唱え続けていますが、いくつかの研究によって、携帯電話の使用によって電磁場にさらされる危険が指摘されています。スウェーデンのハーデル・グループによる最近の2014年のabout EMF研究で、携帯電話やコードレス電話の使用と関連して、神経膠腫聴神経腫にかかる危険性が一貫して高くなることが分かりました。

エンバイロンメンタル・ワーキング・グループは、5日間の試験期間中、ベルトクリップで携帯電話を持ち歩く男性グループを調査しました。結果的には、運動精子が19%減少しました。しかし、最も説得力があるのは、10以上の国の29人の科学者から成る独立団体、バイオイニシャティブ・ワーキング・グループが公表した2012年の報告です。報告は次のように結論づけました:


もし接触が長引き慢性化すれば、これらの生体効果の多くは、当然健康に有害な影響を与える結果になると推測されます。これは、接触により正常な体の作用を邪魔(恒常性を破壊)し、傷ついたDNAを体が癒すのを妨げ、免疫システムの不均衡、代謝障害、多数の経路にわたる病気からの回復力の低下が生じるからです。外からのストレス(全組織に及ぶ電気生理学的障害による)が続くと、最終的には最も重要な体の作用が働かなくなり、代謝や生殖機能が全体的に損傷を受ける可能性があります。

(情報源)

報告はさらに次のように結論づけました:

生体効果ははっきりと確認され、非常に低いレベルの電磁場、電波放射に曝されて起こる。生体効果は、携帯やコードレス電話の使用に伴うレベルでは、最初の数分で起こるだろう。
(情報源)

相関関係を発見することと因果関係を証明することは、全く違うのだと理解するのは重要です。喫煙と肺がんの相関関係を証明する多くの研究がなされたが、医学や科学界がたばこを肺がんの原因だと認めるまで50年以上かかりました。

良くも悪くも、これが医療科学の性質です。情報を得て自分を守るのは個人次第なのです。幸い、人々が電磁場にさらされないように自分を守る単純で簡単な方法が三つあります。

時間:

電磁波を吸収すると蓄積される。接触を減らすためには、できるだけ通話時間を短くすることです。電話をポケットやバッグに入れる時は、飛行機モードにするか電源を切ることを考慮したほうがよい。また、機器の使用を減らすのは有益です。

距離:

電磁波は逆2乗の法則に従い、遠のくに従い弱くなります。可能な場合、接触を1/2以上減らすにはスピーカー・フォンを使うと良い。RadiArmorのAirTubeヘッドフォンは、この原則を考えて設計されています。弊社のヘッドフォンは、通常の携帯電話使用時に比べ、99.9%電磁場との接触を減らし、普通のヘッドフォンに比べ、97%まで減少させます。

シールディング( 保護):

また、電磁波から自分を保護することができます。シールドは、電子機器から出る電磁波を吸収したり、そらしたり、または偏向させるよう設計されています。RadiArmorのiPhoneケース(iPhone 7iPhone 7 Plusに利用可能)は、弊社独自の電磁場遮断膜で全面カバーの内側を覆っており、電磁波を91%まで遮断します。このため、電話を使用している時だけでなく、ポケットに入れている時も、あなたを守ります。