よくある質問の答え

携帯電話の放射とはどういうことですか?

携帯電話からの放射についてより専門的な用語は、EMF(電磁場)放射と言われます。EMFには非常に広い周波数スペクトルが含まれています。携帯電話は電子機器として機能し、基地局との間で信号を送受信するために、多数の電磁波を出します。携帯電話は通常、最大0.1~2Wの出力で450~2,700MHzの周波数で運用されています。

電磁波は危険ですか?

過剰な電磁波曝露の危険性を指摘する研究が数多く行われてきました。おそらく最も説得力があるものは、10ヶ国以上の29人の科学者からなる独立組織、バイオイニシアチブ・ワーキング・グループ(Bioinitiative Working Group)が2012年に発表したレポートです。レポートは以下のように結論づけています:
「生物学的影響は非常に低レベルの電磁場と電波放射への曝露で生じ、その影響は明確に立証されています。生物学的影響は、携帯電話とコードレス電話に使用されるレベルでさえ初期の数分間に発生します。また生物学的影響は携帯電話の基地局、Wi-Fi、無線スマートメーターから全身に及ぶ数分の曝露でも生じる可能性もあります。基地局レベルへの慢性的な曝露は、病気を引き起こす可能性さえあります。」
「生体効果は非常に低レベルの電磁場と電波放射への曝露で生じ、その影響は明確に立証されています。生体効果は、携帯電話とコードレス電話に使用されるレベルでさえ初期の数分間に発生します。また携帯電話の基地局、Wi-Fi、無線スマートメーターからのEMFに数分間曝されるだけで生体効果が生じる可能性もあります。基地局レベルへの慢性的な曝露は、病気を引き起こす可能性さえあります。」 「もし接触が長引きマン製菓すれば、これらの生体効果の多くは、当然健康に有害な影響を与える結果になると推測されます。これは、接触により正常な体の作用を邪魔(恒常性を破壊)し、傷ついたDNAを身体が癒すのを妨げ、免疫システムの不均衡、代謝障害、多数の経路にわたる病気からの回復力の低下が生じるからです。外からのストレス(全組織に及ぶ電気生理学的障害による)が続くと、最終的には最も重要な体の作用が働かなくなり、代謝や生殖機能が全体的に損傷を受ける可能性があります。」

2012年バイオイニシアチブレポートとその他の関連研究へのリンクの全リストは、こちらをクリックしてご覧ください。

電磁波(EMF)から身を守るために何ができますか?

EMFへの曝露は累積するため、可能な限り接触を制限することをおすすめします。すぐにできることで最も良い方法は、携帯電話を体の近くに保持せず、会話するときはスピーカーを使用することです。スピーカーを使用できないときは、携帯電話を耳から5センチほど離して持つだけでも電磁波を半分以上低減することができます。また、携帯電話は通信を維持しようとより強い信号を発しようとするため、受信状況が悪いエリアでの携帯電話の使用は避けることをお勧めします。

EMF放射による症状にはどのようなものがありますか?

慢性的にEMFに曝されていても症状の発現がほとんどない人もいれば、非常に低レベルな曝露でも症状が重い人もいます。以下はEMF放射によるものとして報告された症状の例です。

• ストレス、疲労、不眠症。
• 発疹、皮膚のほてり、顔の痒み。
• 身体や筋肉の痛み。
• 眼の焼けるような痛み。
• ぼんやりとした憂鬱感と思考。
• 消化器系疾患。

電磁波から身を守る製品はありますか?

ペンダントやステッカーなど一部の製品は一般的に電磁波を「調和する」とされていますが、これを裏付ける科学的根拠はありません。RadiArmorの全製品は科学的原理に基づき、独立した認定研究所での試験による裏付けがあります。RadiArmor携帯電話ケースは使用中とポケットに入れている間、最大91%の電磁波を軽減できます 長時間の通話や音楽を聴くのであれば、RadiArmorヘッドフォンがお勧めです。このヘッドフォンはエアチューブを使用し、放出源を頭部付近から完全に除外し、電磁波曝露を最大99.9%軽減します。

RadiArmor商品は5Gに効果ありますか?

はい。5Gにも同じ効果あります。

携帯電話ケースの電磁波防止膜のせいで携帯電話の受信が弱まりませんか?

いいえ。この電磁波防止膜はフロントカバーにのみ適用されています。この設計により頭部は電磁波から守られますが、後部は携帯電話の受信を妨げないよう設計されています。

電磁波防止ケースはポケットに入れているときも電磁波から保護してくれますか?

はい。携帯電話をポケットに入れているときも同様の電磁波保護を提供します。この保護を確実に受けるために、電磁波防止膜の貼られているフロントカバーを常に身体側へ向けてください。携帯電話が通信用電波を維持しながらも、RadiArmorのケースがあなたへのEMF放射を91%まで軽減します。ただし最高レベルの電磁波防御のために、携帯電話が必要ないとわかっているときは可能な限り、電源を切ったり飛行機モードへ切り替えることをご考慮ください。

なぜ財布型のみのiPhoneケースを作っているのですか?

電磁波を遮へいするための最善策は、電磁波防止素材を体と放出源の間に置くことです。100%に近い電磁波保護をうたっている企業は多くありますが、これは電磁波防止素材そのものの遮へい力のことであり、実際に身体が受ける保護力ではありません。さらに、多くの企業が電磁波防止素材を携帯電話の後部に設置しています。これはユーザーの実際の電磁波曝露を増やすことになります。

I’ve seen stickers and pendants that supposedly neutralize EMF, why don’t you make that?

These products have become very popular. They claim that wearing a pendant or putting a tiny sticker on your phone will harmonize or neutralize EMF. They are all over Amazon. However, none of these products are substantiated by any studies or even science for that matter. Some even cite awards from made-up organizations. If you read the reviews, they tell you that the only way to test their product is by doing a “muscle test.” If you are not familiar with muscle testing, this is when somebody holds an item close to their body and puts their arm out and has someone push down on their arm. If the item “resonates” with you in a positive way, then your resistance is strong. Unfortunately, the muscle test is nothing more than a placebo test. Here’s why: time and time again, the muscle test gives counter results when both the participant and the tester do not know what item is being held. The power of suggestion is extremely powerful. It’s why drug companies always do double-blind placebos when testing for new drugs. We’ve tested some of these products and they are often nothing more than plastic, but people are convinced that they’re being protected and feel better using it. Another common scam for these types of products is that they actually put a tiny amount of some EMF blocking material in their sticker or pendant. Then the talk about how their product blocks whatever percentage of EMF and even have the reports to prove it. Most people, of course, will assume that they are referring to the protection they’re receiving. This scam is particularly dangerous since putting EMF blocking material on the wrong place can actually increase your EMF exposure.   Unfortunately, while unscrupulous companies are profiting from fake EMF products, the mounting research about the dangers of EMF are most certainly not fake. RadiArmor only sells products that are based on scientific principles and verified by an independent laboratory.

How can I test that my case is really blocking EMF?

There are many fake EMF protection products on the market today so we always encourage our customers to test our cases for themselves. To help with this, we have created a video called “How to test your RadiArmor case” in the video section.  The most important thing in testing your case is to use a meter that can measure high-frequency RF (Radio Frequency) EMF and MW (Microwave radiation). A typical gauss or tesla meter, which is great for low-frequency EMF from sources like power lines, will typically not measure the more dangerous higher frequency EMF that your phone emits. (If you happen to have the commonly used TriField Meter, then you’ll want to make sure that you have it on Electric or Radio/Microwave setting). You’ll also want to make sure that you have an EMF reader that has a fairly large dynamic range. Your phone emits a lot of RF, so many digital readers that are calibrated towards sensitivity will easily max out, even at a 91% reduction. If you have any questions about testing your case, please reach out to us.

Does your case protect my hand while I am texting or watching videos?

RadiArmor cases are primarily designed to deflect EMF while talking on the phone or when your phone is in your pocket, helping protect major organs that are prone to cancer. When you are texting, you can fold the flip cover toward the backside of your phone. This will reduce EMF exposure to the hand that is holding your phone, but not the hand you’re texting with.